美麗な独創 公式ブログ

化粧品販売業を開業した「男性美容部員」である稲葉より、化粧品の裏話や成分まで、一歩踏み込んだ知識と情報をご提供。

合成界面活性剤についてのお話。

「界面活性剤」=「悪いもの」というイメージが根付いていますが、界面活性剤すべてが悪いかというと、そうではありません。
界面活性剤がなければ、体も顔も髪も洗うことができませんし、洗濯や食器洗いも出来なくなってしまいます

生活できないも同然です。

「無添加石けんには界面活性剤が入っていない」勘違いされている方もいらっしゃいますが、無添加石けんだって界面活性剤です。
一部のメーカーが「そう思わせるような表現」を使っているのも事実です。


根本的に界面活性剤とは何か?
水と油は混じりませんが、界面活性剤は水とも油とも混じりあいます。

その性質を利用して、油分を含んだ汚れを落としたり、スキンケア用品では水と油を混ぜ合わせたりしているのです。


ただ、界面活性剤が肌や髪の負担になることは事実です。

肌や髪は、水分が外に逃げて乾燥しないように、表面に油分の膜があります。

その油分の膜は界面活性剤によって一部剥がれてしまいますので、界面活性剤をむやみに使うと、肌や髪の水分が失われてしまいます。

石鹸で髪の毛を洗うと、驚くほど泡立ち驚くほどギッシギシになってしまいます。
(記事を書いている私自身が、中学生の時に経験済みです。興味って怖い。)



大昔から洗浄剤として、石けんが一般的に使われてきましたが、石けんはミネラルとの相性が悪く、水道水が硬水であるヨーロッパでは泡立ちが悪くなってしまい、不便なものでした。

そこで、現れたのが石油系合成界面活性剤である「ラウリル硫酸Na」。これは硬水でもとても泡立ちがよく、ヨーロッパでは体も顔も、「ラウリル硫酸Na」が使われました。

しかし、刺激が強く、毒性があるとも言われ、また、肌深くまで浸透する性質があって、多くの肌トラブルを起こしました。

 

当然そんなもの長く使えません。


この弱点を改善したものが「ラウレス硫酸Na」です。これは刺激や毒性といったものには変わりがありません。

違いは肌深くに浸透しない構造になっています。

これは優秀で、肌トラブルは劇的に改善され、今でも世界中のシャンプーの代表的な洗浄成分となっています。


ただ、この「ラウレス硫酸Na」も「ラウリル硫酸Na」もどちらも洗浄力はとても強く、肌の水分を保つために肌表面にある油分を取り過ぎでしまい、乾燥させてしまって、痒みを訴える人が後を絶ちませんでした。そのため、今では洗いあがりに肌に吸着する、何かしらの保湿成分と併用して使用されています。ですが、洗いあがり感を改善しているだけで、肌や髪にダメージを与えていることには変わりありません。

界面活性剤の研究は続けられていて、適度な洗浄力で、刺激や毒性のないものも開発されています。
なのになぜ、その肌や髪にダメージを与えてしまう成分が、いまだにこれだけ多くのシャンプーやボディーソープに使われているのでしょうか。
その一番の理由は値段です。「ラウレス硫酸Na」以降にその弱点を克服して開発された界面活性剤は5倍~10倍の値段になってしまっているものがほとんど。


ですが、市場のシャンプーやボディーソープに対する価格イメージは「ラウリル硫酸Na」が多く使われていた時代から、ほとんど変わってなく、今でも500mL・500円以下で販売しなければいけない状況があるのです。その結果として、多少の肌や髪への負担を犠牲にしてでも「ラウレス硫酸Na」のようなものを使わなければならなくなってしまっているのです。

もちろん、「ラウレス硫酸Na」を使っていたとしても、各メーカーできる限りの安全性を確認していますし、使う方の髪や肌の状態によっても負担のかかり方、また、その負担を自己修復してリセットするチカラも変わります。ですので、「ラウレス硫酸Na」が入っていては絶対にダメというわけでもないと思います。また、価格だってとても大切なことで、毎日使うものだからこそ、経済的な負担もできる限り少なくするべきです。